観光タクシーの福祉車両

足が不自由な方、あるいは足が不自由な方を家族に持っている方は、家族での旅行というのは難しいものだと感じてしまっていることが多いのではないでしょうか。
最近ではバリアフリーの意識がだんだんと広がっており、各所で車椅子のまま利用できるようになっている施設などが多くなっているものの、やはり公共交通機関などについては不便を感じることもあるでしょう。
そこでここでは、足が不自由な方でもより自由に旅行ができる方法として、観光タクシーを利用することについて紹介をします。

タクシーというと一般的なタクシー車両を想像される方が多いかもしれませんが、観光タクシーの種類の一つとして、介護車両を利用できるものがあります。
この介護車両を観光タクシーとして利用するのであれば、車椅子のままでも乗車できるようになるため、直接行きたい観光スポットまで移動することができる点がポイントとなっています。介助を行う人にとっても負担を感じることが少なくなるため、お互いに疲れることなく、旅行を楽しむことができるようになるでしょう。
なお、専属のドライバーは、運転だけではなく介助も行ってくれます。よって、より安心して利用ができるようになっています。

それでは、観光タクシーとして利用できる介護車両には、どのような種類があるのかについて紹介をします。
まず一般的なものとして、スロープ付きの車両があります。これは後部を開くことによってスロープを下ろすことができるようになっているもので、そこから車椅子を車内に乗せることができるようになっているタイプです。ある程度の広さがなければ乗降を行いにくいものの、スタンダードな形式であるため、利用料金は抑えやすくなっています。

観光タクシーの介護車両として次に紹介するのは、回転シート型の車両についてです。
こちらの車両は後部からではなく、背面ドアから乗せることができるようになっているタイプとなっています。車椅子のまま乗るのではなく、車椅子から回転させたシートに乗り移って、車内に座るという形になっています。
長時間は厳しいものの、少しだけであれば歩くことができるという方なら、こちらの方がスムーズに移動ができるでしょう。

この他にも、観光タクシーに近い形のものとして、福祉バスのようなタイプのものも存在しています。厳密には観光タクシーではありませんが、利用目的としては同じように利用できるようになっているもので、最大53名程度まで乗ることができます。愛媛県行ってみない?