観光タクシーとして利用できる車両

東京や京都のように、市内や区内だけでも見たい観光地がいっぱいあるような場所の観光を行う場合、いろいろな場所にいくための移動手段について考えておく必要があります。市内や区内であるとはいえ徒歩で移動するには離れすぎているような場所がある場合も多いため、何かしらの交通手段について想定しておくのが良いでしょう。
そんな時、便利に利用することができる方法の1つとして、観光タクシーがあります。この観光タクシーは利用することができる車種にもいろいろな種類があり、人数やその他の条件などに合わせて選択できるようになっています。ここでは、観光タクシーとして利用できる車種にどのようなものがあるのかを紹介します。

観光タクシーとして利用できる車種として最初に紹介するのは、小型タクシーについてです。
こちらのタクシーは普段利用することも多い、一般的なサイズのタクシーに近いものだと考えていただけると良いでしょう。定員は4名程度となっています。小型であるためにリーズナブルな価格で利用できるようになっているのがメリットで、少人数での旅行の場合に利用することができるでしょう。

これが少し大きくなった観光タクシーの車種であるのが、中型タクシーです。
定員数としては4名程度と小型タクシーとあまり変わりはありませんが、車内がよりゆったりとした作りとなっているため、くつろぎながら移動をしたいという場合に適した選択となります。主に使用されている車種はコンフォートタイプのものなどが多く、普段はあまり乗らないような車内空間を楽しむ事ができるでしょう。

さらに大きなタイプの観光タクシーとして利用できるものに、ジャンボタクシーと呼ばれるものがあります。
このジャンボタクシーはワゴン型のタイプの車種が使用されるようになっており、定員も7名から9名程度と通常のタクシーに比べてかなり多くの人数を収容できるようになっているのが魅力です。テレビのロケなどで使用されることも多いもので、人数が多い場合だけでなく、荷物が多い場合についても余裕を持って利用することができるという理由で人気があります。
観光タクシーとして利用できる車種から最後に紹介するのは、福祉タクシーについてです。こちらは人数としては4名から6名程度と多少多く乗ることができる様になっている他、後部からスロープやリフトなどを使って車椅子に乗ったまま乗り込むことができるようになっているのがポイントです。愛媛県行ってみない?